hasegawa2014.JPG

長谷川光志

とにかく歌です。ぼくは歌が唄いたいのです。この歌を届けたいのです。
それとひきかえになら、ぼくはきっとどんなことでも受け入れるし、耐えられるでしょう。